仕事のかけもち

買い忘れたものがあるから仕事帰りに買ってきてほしいモノがあると父から連絡がありました。伝えられた商品を買いにスーパーへ。そうしたら、たまにハーグストゥーヘンに配達にくる女性運転手さんを見かけました。驚いたのは、その運転手さんがこのスーパーのレジでも働いていたことです。

 

仕事をかけもちしているんだなと、思わず感心してしまいました。

買い物を終えてスーパーを出ようとしていたら、さらに、

「(えt―――!)」

叫びそうになりました。

今度は、先ほどレジをうっていたその仕事かけもち女性が、お惣菜コーナーでも働いていたのです。

どういうこと? 私の目は、この女性しか見えなくなっているのかしら?

いえ、さすがに何かおかしい。

あたりを見回すと、他の人はそれぞれ別の顔をしている(当たり前だけれど)。

ということは……。

先ほどの女性のネームプレートを見たら、同じ苗字。

ああそうか、双子さん。あるいは姉妹。

あれ? でも、配達している女性も含めたら、三つ子?

 

現時点では彼女たちが姉妹なのか双子か三つ子かは分かりません。ただ、できれば、仕事をかけもちしなくてはならないような過酷な世の中であってほしくないと思います。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://www.iyashinohaugstuhain.com/%e5%85%ad%e8%b6%8a/%e4%bb%95%e4%ba%8b%e3%81%ae%e3%81%8b%e3%81%91%e3%82%82%e3%81%a1/trackback/