他店でコーヒーを買いまして、

この品質のコーヒーだったら、ハーグストゥーヘンで数倍の値段がつくと思います。コンビニの朝コーヒーを買って、イートインコーナーで飲んでいたときに思ったことです。

世界各地で厳選してきた豆を使い、最新の機械でいつも変わらない味を提供する。それも最短時間で。この値段、完璧です。職人技。

 

以前の私はこういう流行りの商品に疎かったのですが、働くようになって、あると便利だなと時々このように買うことがあります。

私の働くハーグストゥーヘンに、これをこえるコーヒーがあるとは思いません。そう考えると、お店の先行きが不安になります。でもなぜかお客様はちゃんと来てくれている。よく分かりません。

目に見えないなにかが、お客様を導いてくれているのでしょうか?

 

お店の前に着きました。

このふるめかしい感じがいいのでしょうか? たしかに、隠れ家的で心くすぐるモノがあります。好きな人にはたまらないと思います。ちりんちりん。扉を開けると、

「おはようございます」

スタッフみんなから挨拶が返ってきます。

ビニール袋の中にはまだ飲みかけのコーヒーが残っています。

もう冷めてしまっています。

同じのを買った人がいる。

誰だろう。店長に見つかったら大変なのに。

「ああ、六越さんおはよう」

おはようございます。

 

店長でした。コーヒーの持ち主。

いいと思うものを選択すればいい。

さあ、仕事だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://www.iyashinohaugstuhain.com/%e5%85%ad%e8%b6%8a/%e4%bb%96%e5%ba%97%e3%81%a7%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%bc%e3%82%92%e8%b2%b7%e3%81%84%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%a6%e3%80%81/trackback/