ありがとう腹。

自分がいなくても社会、世界はまわります。そんなとき一瞬、絶望的な気持ちになったりします。

でも、仮に自分が無価値であったとして、何かをやってみたい、やり残したいと思えるものが体の奥底にあるようです。それが何なのか、肉体だか、精神だか、脳だか、心なのかはわかりません。

そんな中、肉体は特別、素直です。

腹は勝手に空いてくる。だから食べて生きていかなきゃならなくなる。

なので、ありがとう腹。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://www.iyashinohaugstuhain.com/%e5%8d%81%e4%b8%89%e5%a4%9c/%e3%81%82%e3%82%8a%e3%81%8c%e3%81%a8%e3%81%86%e8%85%b9%e3%80%82/trackback/