だから、『リスペクト』

以前、感じのいい人を見たとお伝えしたことがあります。

今回は、「感じの悪い人」です。

当たり前のことを言うようですが、還暦も過ぎれば(そこまでいかなくったって)一通りのことは理解していなければなりません。

良いことと、そうでないことの是非についてです。

「いや、そんなことはないよ。人それぞれだよ」と言われてしまえば、これ以上その人には何を言っても無駄なのかもしれません。

決して「生真面目になれ」と言うのではありません。

リスペクトを欠いた行為はしないということ。とりあえず、これを前提に生きていかないと、争いの火種がうまれ、大小程度の差こそあれ、怒り、憎しみ、ひいては戦争という最悪の結末にまでつながっていきます。

「こんな風になるとは思わなかった」

やってしまった人の常套句です。

そうならないための、『リスペクト』です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://www.iyashinohaugstuhain.com/%e5%8d%81%e4%b8%89%e5%a4%9c/%e3%81%a0%e3%81%8b%e3%82%89%e3%80%81%e3%80%8e%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%82%af%e3%83%88%e3%80%8f/trackback/