ターゲットは、考え方の異なる世代・・・・・・

ビジネスをするにあたって、自分とは異なる考えをもった世代をターゲットにする場合、困難がともなうことがあります。

《PCやスマホなどのデジタルデバイスを小さいころから利用している人達》が私にとってそれにあたります。

 

私が学生のころにも漫画やゲーム機はありましたが、高機能なデバイスはまだ市場になく、デジタル製品もシンプルな操作・内容のものが多かったように思います。少なくともそれらが日常のコミュニケーションにまで侵入してくることはなかったように思います。しかし、いまの人たちは違うようなのです。

≪デジタルデバイスがなくては心がおぼつかない≫

ひどい人は依存症となり、重症段階にまできているようです。

 

私は自分の時間を何かに奪われたくなく、身辺はなるべく単純明快でありたいと思います。そのためデジタルデバイスへの過度の依存には忌避感があります。デジタルデバイスを手放せない人達と対局にある自分に、彼らの考えが理解できるのか、また、異なる思想を持った自分が彼らの日常にかかわろうとしてもよいのか、躊躇してしまう自分がいます。

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://www.iyashinohaugstuhain.com/%e5%8d%81%e4%b8%89%e5%a4%9c/%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%b2%e3%83%83%e3%83%88%e3%81%af%e8%80%83%e3%81%88%e6%96%b9%e3%81%ae%e7%95%b0%e3%81%aa%e3%82%8b%e4%b8%96%e4%bb%a3%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%83%bb/trackback/