二人以上いる

やけに良い声しているなと思っていました。お客様のいる個室に入る直前、中から声が聞こえていたのです。

オーダーをとるため中に入ると、テーブルの前には男性が二人。一人は少し金髪というか白髪っぽい短めの髪型で、もう一人はスーツ姿のサラリーマン風。びしっとしています。お客様は注文をされましたが、外から聞こえていたさっきの声と違う気が。

個室を出ると、またさきほど聴いた良い声が。

どういうことだろう。

 

料理を届けに向かった時、個室の中からこんな掛け合いが聞こえました。

「お前たちを育ててやったのは誰なのか思い出してみろ!」

「あなたが私たちに何をしてくれたって言うの! うぬぼれないで!」

さっきのお客様たちの声ではない。他に誰かいる。

「失礼します」

入ると、それらしき人は見当たりません。あの声は、誰だ。

私が運んだオーダーは四人前の料理。お客様は二人なのに。

もちろん男性二人が一人で二人分食べてもおかしくはないけれども。

 

私がその場を離れると突然、また四人での会話が始まります。

どこかで他に二人が隠れているのでしょうか? でも、なんのため?

当店は何名様であっても、お料理代のみです。人数で料金が上下することはありません。

どういうことなのかは、結局分からずじまい。

食事はきれいに完食してありました。

四人分。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://www.iyashinohaugstuhain.com/%e5%8d%81%e4%b8%89%e5%a4%9c/%e4%ba%8c%e4%ba%ba%e4%bb%a5%e4%b8%8a%e3%81%84%e3%82%8b/trackback/