見せ筋か、実用筋か

カジュアルな服だと関係なかったのですが、B to B(企業間)交渉になるとどうしてもスーツが必要になります。

同時に、必要になってくるのが、スーツに合う体です。

太る体質ではないのですが、筋トレをしていなければ当然、体がだれてきます。スーツを着ると、だれた体が一目瞭然です。体のラインが格好良く見えるようにと、それで筋トレをと思ったのですが……。

胸板を厚くするタイプの筋トレは、カッコよくは見えるけど、一時しのぎで、継続的にトレーニングしていかないと元に戻っていってしまいます。また、武術的な観点から見ると、あまり意味のない筋肉という側面もあります。

世間一般で言うカッコよさをとるか、本当に必要な筋肉(武術的身体の形成)か。

サイはまだ、投げられないまま。

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://www.iyashinohaugstuhain.com/%e5%8d%81%e4%b8%89%e5%a4%9c/%e8%a6%8b%e3%81%9b%e7%ad%8b%e3%81%8b%e3%80%81%e5%ae%9f%e7%94%a8%e7%ad%8b%e3%81%8b/trackback/