間違って覚えていた

「いや、もう、十何年か前に訂正されてたと思うけど」

うそ? そんなはずない。

でもまあ、しょうがない。こういうときは波風立てずに、同僚に勝ちを譲ってあげるのがいい。自分が正しかったとしても。譲歩して相手が真実を知るときまで待つ。それが大人。

 

家に帰ってネットで検索しました。自分の学んだ理論が正しいことを確認するために。

「……」

同僚の言ったことが、合ってました。

どうやら、私は間違えて覚えてしまっていたようです。

自信満々になって、友人たちに語っていたらどうしよう。

やってたかも。ああ、やっている。やっていました。

どこで間違えたのか。思い出してみても、今はもう遅い。切り替えるしかない。ここで切り替えられるのが、大人。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://www.iyashinohaugstuhain.com/%e5%8d%81%e4%b8%89%e5%a4%9c/%e9%96%93%e9%81%95%e3%81%a3%e3%81%a6%e8%a6%9a%e3%81%88%e3%81%a6%e3%81%84%e3%81%9f/trackback/