「アルゴリズム弁当です」

今日、後輩が言いました。

「うちも、そろそろお弁当を出しましょう。店外で食べたいというお客さんもいると思うんです」

「・・・・・・」

なかなか、考えているなと思いました。

そこで、どういう弁当なのかと聞くと、

「アルゴリズム弁当です」との答え。

よくわからない。

よくわからない、けど、なんとなくインパクトのある名前ではある。では、具体的にはどういうものなのかとたずねました。

「はい。おかずはまだ決めていないんですけど、白いご飯の上にのりで文字をつくって、ア・ル・ゴ・リ・ズ・ム……」

「OK、OK、分かったよ、だいたい分かった」

失望でした。

でも、まだ話したそうにしていたので、しょうがないからあとちょっとだけ聞いてみると、

「ご飯がダメな場合は、食パンの上にのりで……」

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://www.iyashinohaugstuhain.com/%e5%9b%bd%e5%ba%9c%e7%94%b0/%e3%80%8c%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%82%b4%e3%83%aa%e3%82%ba%e3%83%a0%e5%bc%81%e5%bd%93%e3%81%a7%e3%81%99%e3%80%8d/trackback/