うれしい手紙のはずが

みんなの顔がどんどんとこわばっていくのが分かる。

ピーク時間帯が過ぎ、店が落ち着いてきたころ、休憩室にスッタフを集めて手紙を読んだ。

「みんなには本当に迷惑をかけてしまいました。来週戻るのでそれまでよろしく。」

店長と副店長が戻ってくる。うれしい叫びが上がる。はずなのだが、

現実はそうではなかった。

助っ人で来てくれていた新人女性スタッフが、その手紙が読まれた後、こう言った。

「みなさんとは、あと少ししか一緒にいられませんけど、最後までがんばりますのでよろしくお願いします」

ホールスッタフの女の子と、深夜スタッフの女性の目には涙がうっすらとにじんでいる。男性のホールスッタフは「こちらこそよろしく」と言って笑顔を送った。

そのかたわらで、厨房スタッフの先輩と後輩の目が点になっている。

まるで、パンツ一丁で登校していたことに、自分の席についた時ようやく気がついたというような、まさに『青ざめた』表情をしている。(分かりづらいかもしれないが、これが一番しっくりくる表現である)

でも、仕方がない。

彼らにとって彼女は、愛しい人という範疇を越え、すでに天使という存在にまでのぼりつめているのだから。

私たちはよく忘れがちだ。終わりは必ずやってくるということを。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://www.iyashinohaugstuhain.com/%e5%9b%bd%e5%ba%9c%e7%94%b0/%e3%81%86%e3%82%8c%e3%81%97%e3%81%84%e6%89%8b%e7%b4%99%e3%81%ae%e3%81%af%e3%81%9a%e3%81%aa%e3%81%ae%e3%81%a0%e3%81%91%e3%81%a9/trackback/