おまえもか

「旅にでる。探してくれるな」

差出人欄を見ると、先輩の名前が書いてありました。

今日も私が一番で出勤しました。ポストに手紙が入っており、開封したところそれが出てきたわけです。

次に、副店長が出勤してきて、お帰りなさいというと、静かに、「ただいま。本当にもうしわけなかったね。」と店長と同じようにねぎらってくれました。長話になるかなとおもったときにドアが開く音がして振り向くと、そこに、先輩がいました。

「あれ、先輩、さっき手紙で……」

「いまから、旅に出ます。留守をよろしく。」そう言って出発しようとしたその足を止め、振りかえると副店長を見つけて言いました。

「副店長。いえ、お父さん。もう、いいですよね、お父さんで。

これから、旅に行ってきます。ちょっと長くなるかもしれません。それでは」

ドアがしまる瞬間、思い出したように人差し指と中指をくっつけてラテン系のさよならのポーズをしたように見えました。

また、面倒くさいことになりそうな気がします。

早く戻ってきて、お店を手伝ってほしいです。自分を優先しなきゃいけないときもあるんだろうけど。昨日の今日だから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://www.iyashinohaugstuhain.com/%e5%9b%bd%e5%ba%9c%e7%94%b0/%e3%81%8a%e3%81%be%e3%81%88%e3%82%82%e3%81%8b/trackback/