能力主義の採用

これからスッタフの幾人かが出向することになる、こことは別の、もう一つのハーグストゥーヘン。そのもう一つのハーグストゥーヘンが抱えるトラブルについて詳しい内容が分かりました。

以下、要約します。

もう一つのハーグストゥーヘンには、現時点でスタッフが二人。一人は20代後半の男性スッタフで以前から店長が知っている人物。もう一人はそのスタッフが連れてきた年上の35歳前後の男性。現在のその店はにはお客もほとんど入らず、店として機能していない。なぜ二人になってしまったのか、その20代男性スタッフに原因があった。

 

彼は頭がよく、出世意欲が高かった。そこで彼は、最も売り上げを上げた者が最も評価を受けるという能力主義の導入を提唱。他のスタッフ達も彼のその意欲に賛同し、店としてそのシステムを採用する。さらに彼は売り上げをあげるためにあるアイデアを提案《ハーグストゥーヘンを会議やセミナーの場所として一般客らに提供する》。これは今までのハーグストゥーへンにはなかったアイデアであり、スッタフ達もその提案を嬉々として受け入れる。だが、問題があった。彼がハーグストゥーヘンを提供した人物たち。この人物たちが《一般の客とは趣が異なっていた》ということ。彼らは同じ予約者であるにも関わらず、いつも違う顔ぶれで集まっており、極めてはぶりがよく、頻繁にハーグストゥーヘンを利用していた。ハーグストゥーヘンの売り上げは瞬く間に倍増し、そのことで20代の男性スタッフは能力主義を採用した店の中で高く評価されることとなる。結果、店内において発言権を持つようになり、いつからか彼に指示を出せる人間はいなくなっていた。

 

はぶりのよい客たちは、他にもたくさんの仲間を連れてハーグストゥーヘンを訪れるようになる。徐々に店の雰囲気は変化し、店内はまるで街の喧騒に放り出されたように落ち着きのない不穏な場所へと変わった。それを危惧した他のスタッフ達は、20代のその男性スタッフに問い詰めた。が、彼は売り上げを上げていないものが何を言ってもだめだと、話を聞こうとしなかった。そのころから一緒にいたスッタフ達は店を去りはじめ、ついには現在のスッタフ数二名になる。

 

副店長は以前のハーグストゥーヘンの姿をとりもどすため、もう一つのハーグストゥーヘンへ出向し、心機一転一から立て直そうと考えている。そのためには、仲間が必要である。

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://www.iyashinohaugstuhain.com/%e5%9b%bd%e5%ba%9c%e7%94%b0/%e3%82%82%e3%81%86%e4%b8%80%e3%81%a4%e3%81%ae%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%82%b0%e3%82%b9%e3%83%88%e3%82%a5%e3%83%bc%e3%83%98%e3%83%b3%e3%81%a7%e8%b5%b7%e3%81%8d%e3%81%9f%e3%81%93%e3%81%a8/trackback/