九時・五時の解釈

後輩がこんなことを言いました。

「先輩、九時・五時ってあるじゃないですか。朝の九時から夕方の五時までの8時間労働」

「うん。あるね」

そう言うと私は彼の言葉を待ちました。そうして、出てきた言葉がこれです。

「僕、思うんですけど、あれ、9:00~15:00でもいいんじゃないかって」

私は、再度、言葉をはさまずに、彼の言葉を、たわごとを待ちます。

「あの、つまり、昼の三時を十五時って読んじゃえば、九時・五時に聞こえなくもないじゃないですか。ね? どうですか先輩、違いますかね?」

違う。

ぜんぜん違う。

 

やっぱり、

こいつは、バカだ。

 

でも、

でも、もしそうだとしたら、

9:00~15:00っていう制度になったとしたら、

 

それって、

いいよね。

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://www.iyashinohaugstuhain.com/%e5%9b%bd%e5%ba%9c%e7%94%b0/%e4%b9%9d%e6%99%82%e3%83%bb%e4%ba%94%e6%99%82%e3%81%ae%e8%a7%a3%e9%87%88/trackback/