先輩の履歴書を見たら

たまたま事務室の引き出しをあけたら、スタッフの履歴書が入っていました。

勝手に見てはいけないのでしょうが、もう引き返せません。

先輩の履歴書を見たら、好きな食べ物の箇所に「姉」と書いてありました。多分、「柿」と書きたかったのでしょう。

おいしい食べ物が一変して、あぶない関係になってしまいました。

ちょっと笑ってしまったのは、ギャグをいう人ではない先輩が、結果的に高度なボケを披露してくれたこと。偶然はときに革新を生むようです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://www.iyashinohaugstuhain.com/%e5%9b%bd%e5%ba%9c%e7%94%b0/%e5%85%88%e8%bc%a9%e3%81%ae%e5%b1%a5%e6%ad%b4%e6%9b%b8%e3%82%92%e8%a6%8b%e3%81%9f%e3%82%89/trackback/