暴走族マンガ

学生の頃、週刊マンガ雑誌に暴走族を題材にした作品がいくつかありました。

改造したバイクや暴走族同士の友情、血なまぐさい抗争などがエキセントリックに描かれていました。

そんな話をしていると、スッタフ達が妙に盛り上がってきて、皆、毎週楽しみにその漫画を読んでいて、中には単行本を揃えている人もいました。

今はほとんど見かけなくなってしまった暴走族。彼らが夢中になっていたとしたらなるほどよく分かります。しかし、なぜか当時普通の学生だった自分のようなものでさえ熱中させてしまったヤンキー漫画とはいったい何だったのか、未だによく分かりません。

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://www.iyashinohaugstuhain.com/%e5%9b%bd%e5%ba%9c%e7%94%b0/%e6%9a%b4%e8%b5%b0%e6%97%8f%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%ac/trackback/