いまできること 

「ああ、ありました。すみません」

ジャケットをイスにかけたまま出て行ってしまったお客様がすぐに取りに戻ってきました。

そういえば、ずいぶん昔のことですけれども、あの頃は幾分、オーバーの忘れ物が少なかったような気がします。今みたいに暖房の性能がよくなかったから、お店の中でもオーバーを着たままの方が多かったためでしょうか。

 

あの頃、「もっと性能のいい暖房があれば」と、より良いものを想像することが出来ました。そういう意味で、貧しかったけれども進む方向は明確だった様な気がします。

今は、どうなのでしょう。

「今ですか? 今はがんばったって報われない時代。だからみんな息切れしないように体力温存してますよ」

「ふーん……。じゃあ、こういうのはどうです? 店を出た女性のジャケットがイスにかけられている。それに気づいた男性が届けに行こうと走り出す」

いいじゃないですか、これ。

「なんですか、それ? そんな出会い、この店であったんですか?」

知りませんけど。でも、妄想は無料でしょ。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://www.iyashinohaugstuhain.com/%e5%9d%82%e6%9c%ac%e5%88%a9/%e3%81%84%e3%81%be%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%82%8b%e3%81%93%e3%81%a8%e3%80%80/trackback/