今はもう無い球団のロゴマーク

この少年に会ったことがある。ずいぶん昔に。

人見知りをせずまっすぐに見つめるその瞳。子供らしくないすらりとしたたたずまい。そしてあの帽子。

 

新しく刷新され、今は使われていない野球球団のロゴマーク。三十年も前のものです。私とこの子の、どちらかがタイムスリップをしてこの場所に来ているのでしょうか?

だとしたら、私は若返っているのか。鏡を見ると、ほとんど白髪一色でしわの刻まれた額に弱った眼光の年寄りがひとり突っ立っている。つまり、私は変わっていない。だとすれば、あの少年こそが、タイムスリップをしてきた張本人ということでしょうか。

事実は、この少年の父親が教えてくれました。

 

当時ハーグストゥーヘンに家族を連れてやってきた私の友人がいました。三十年も前のことです。

「お父さんは?」

先日亡くなったのだと大人になった息子さんは言います。お父さんと一緒に親子三代ハーグストゥーヘンにいつか来ようと話していたのだそうです。もっと早くに来てくれていればよかったのにと、私たちは二人して悔やみました。

野球は好きなのですかと聞くと、あの帽子は、当時、親戚からもらったものだといいます。押入れに入っていたものを彼のお子さんが気に入ったのでかぶらせているのだと。

帽子を作ったデザイナーに、このことを教えてあげたいです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://www.iyashinohaugstuhain.com/%e5%9d%82%e6%9c%ac%e5%88%a9/%e4%bb%8a%e3%81%af%e3%82%82%e3%81%86%e7%84%a1%e3%81%84%e7%90%83%e5%9b%a3%e3%81%ae%e3%83%ad%e3%82%b4%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%af/trackback/