月を見ながら団子とお茶を

雨が上がった夜空には月が見えます。

月を見ながら団子とお茶をいただく。

普段でも食べている団子、お茶。でも、特別な催しとして用意したそれらはなぜか味わい深さを感じさせる。

同じ素材でも、お皿を変えるだけで、あるいはベランダの縁台に移動するだけで別の見え方をする。やりすぎも禁物ですが、ちょっとした工夫で何かが別の物に変わるという意識は大切にしていくべきだと思います。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://www.iyashinohaugstuhain.com/%e5%9d%82%e6%9c%ac%e5%88%a9/%e6%9c%88%e3%82%92%e8%a6%8b%e3%81%aa%e3%81%8c%e3%82%89%e5%9b%a3%e5%ad%90%e3%81%a8%e3%81%8a%e8%8c%b6%e3%82%92/trackback/