帰る場所とアイテム

捨てられない鍵があります。

「思い出を捨てて進め」と人は言いますが、進んだその先で心を休めることがはたして出来るのか。それが出来たときに、私はこの鍵を捨てます。

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://www.iyashinohaugstuhain.com/%e5%ae%a4%e7%94%b0/%e5%b8%b0%e3%82%8b%e5%a0%b4%e6%89%80%e3%81%a8%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%86%e3%83%a0/trackback/