一流の店以外から学ぶこと

厨房から、従業員たちの話し声が届いてきます。品性のない笑い方。どんなにおいしい料理であってもこれではだめです。というか、料理もそこそこ。値段は、まあまあ安い。

 

こうやっていろいろとお店をまわると分かることがあります。

一流の店だけをまわるより、そうでないお店にも行く。学ぶべきところは良い点だけではなく悪い点にもある。自分がやってしまわないよう、学ぶべきところが。

修羅場をくぐってきたある経営者が、テレビの中で「飲食は人」だと言っていました。

確かに、それほどおいしいとは言えなくとも、今も残っているお店があるのはそういうことなのかもしれません。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://www.iyashinohaugstuhain.com/%e6%9c%a8%e6%8a%9c/%e4%b8%80%e6%b5%81%e3%81%ae%e5%ba%97%e4%bb%a5%e5%a4%96%e3%81%8b%e3%82%89%e3%82%82%e5%ad%a6%e3%81%b9/trackback/