人生の充実とは

僕は時々、自分を高めようと、敷居の高いバーに赴くときがあります。場違いなのは重々承知の上で。

ちょっと離れた席からは、僕よりいくらか若い男性が二人、カクテルを前に話をしています。それを気づかれないようにすまし顔で聞いてみました。多分、いいところの会社の人たちだと思います。

 

「あの人さ、仕事できるって自分で思ってるよな」

「な。分かる。だからたぶん、趣味とかないよ、仕事だけで。あったらあんなにやらないもん絶対」

会社の上司のことか同僚のことか分かりません。でも、あまりよく思っていないのでしょう。

「おとといかな、その前の日くらいだったか、テレビでやってたんだけどさ、ツーリングあるじゃん? あれさ、いろんな人がやってるみたいよ。女の子もけっこうやってるみたいだからさ、ありじゃない? 初心者歓迎らしいし」

「あー、ツーリングね。いいかもね。行くか、一回、やるか」

そんなこんなで二人は話がまとまった様子です。

 

でも、だけど、この二人の話を盗み聞きしておいてあれなんですが、仕事が全てというのは、本当に、悪いことなのでしょうか? それが楽しいのであれば、充実しているのであれば、それは良い人生の過ごし方なのではないでしょうか?

二人はバーで飲みなれている様子で、注文の手順も手慣れている感じでした。

考え方の違いか、それともただ僕の考えがだめなのでしょうか。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://www.iyashinohaugstuhain.com/%e6%9c%a8%e6%8a%9c/%e4%ba%ba%e7%94%9f%e3%81%ae%e5%85%85%e5%ae%9f%e3%81%a8%e3%81%af/trackback/