同い年の芸能人に、いつか

田舎にいた頃、テレビドラマに出ていた俳優さんに、自分にはない大人びたカッコよさを感じました。「こう見えて、実は、若いんだろうな」と思っていましたが、僕と同い年だと知り合いから聞かされたときは大きな衝撃を受けたのを今も覚えています。

自分は、かっこいいだとかそういうタイプからは程遠い存在だったので、よけいにその人のかっこよさが際立って見えたのかもしれません。

 

その人が最近テレビドラマに出ていて、見たら、とてもダンディになっていたのです。就職活動をする一人娘を持つ父親役を演じていたのですが、「そうか、もうそのくらい大きい子供を持つ年齢でおかしくないんだよな」と思わずため息がもれました。

その人は、実生活でもお子さん二人と奥さんを持つお父さんで、そのことはおそらく僕でなくても世間の人は知っていると思います。実際のお子さんは、ドラマの娘役よりもう少し若いということですが。そんな偉大な同い年の俳優さんに、「僕は今から追いつけるだろうか」と、かんがえを巡らせてみます。まあ、でもやっぱり、難しいか……。(あたりまえ)。

 

芸能人は外出するとすぐに人だかりができてしまって大変と聞きます。だったら、ハーグストゥーヘンに来てくれたらいいと思います。完全個室で静かですから。予約待ちがちょっと面倒かもしれませんが。

想像してみました。もしその人がひょんなことからイヤシノハーグストゥーヘンに訪れることがあったら、僕はどうするだろうかと。

握手やサインをもとめるだろうか(もちろんプライベートなので自粛します)。ホールスタッフに代わって料理を運びに行くだろうか。勝手に気の利いたサービスをつけてしまうだろうか。「実は僕、同い年なんです。応援しています」と言うのだろうか。あるいはさらっとお店を後にしたことに気づかず、結局会えずじまいになってしまうのか。いや、そもそもハーグストゥーヘンの存在に気づかないままか……。

 

想像は想像のまま、実現する可能性も高くないでしょう。でも、いつか会ったとしたら、そのとき恥ずかしくないようにしっかり積み上げていこうと思うのです。なぜか、なんとなく、いつか会えるような気がしています。とんだ妄想家です。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://www.iyashinohaugstuhain.com/%e6%9c%a8%e6%8a%9c/%e5%90%8c%e3%81%84%e5%b9%b4%e3%81%ae%e8%8a%b8%e8%83%bd%e4%ba%ba%e3%81%ab%e3%80%81%e3%81%84%e3%81%a4%e3%81%8b/trackback/