遅すぎたのか……

休みの日に街へ出ました。すごい人の数です。

情報としては以前から知っていましたが、直接見たのは初めてのことでした。

《もっと早くに見ておくべきだった。遅すぎたのか……》

そんな思いが募り、体から力が抜けていってしまうようでした。

自分はどうしたいのか、これから何かが待っていてくれるのか。

《分からない》

自分からフットワークを奪ったら何も残らない。

走り抜ける先の道を、誰か教えてほしいです。

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://www.iyashinohaugstuhain.com/%e6%9c%a8%e6%8a%9c/%e9%81%85%e3%81%99%e3%81%8e%e3%81%9f%e3%81%ae%e3%81%8b/trackback/