この後、歩いて公園まで

「おすすめのメニューってありますか?」

そう聞いてきたのは白髪交じりでやせ形の男性。カーキ色のカジュアルスーツを着用しています。

「カレーライスとおそばが人気です。それと日替わり定食もあります」と私は伝えました。じゃあカレーライスお願いしますと言った後、男性はおしぼりで手を拭いてお水に少し口をつけました。ニコニコしながら店内を見渡す男性。初めて見るお客様でした。

 

「ワタシ、何をやっているふうに見えます?」

聞かれて、どこかの会社の社長さんですかと少し色を付けて返答しました。

「ははは。社長さんに見えたか。うまいねあなたも。でも近い。いや、近くないか。実は私、ずっとタクシーの運転手をやってきてね。だからどこかの社長さんを乗せたこともあるはずですよ。気づかないうちに。社長の秘書だったら近かったかもね。」

聞けば、先日、長年勤めたタクシー会社を退職されたのだと言います。退職の理由は病気で続けられなくなったからだと。言われてみれば、ちょっと血色が悪い様な気も。

どうしてハーグストゥーヘンにいらしたんですか?と聞くと、幾度かこの店までお客さんを運んだことがあるらしく、その時のお客さんが皆、感じのいい人達だったんだとか。ずいぶん長いことかかってしまいましたねと言うと、

「想像のままにしておいた方が幸せだったりすることもあるでしょう」と。

ということはご期待に添えませんでしたでしょうかと冗談ぽく私が聞くと、

「そんなことない。期待通りでしたよ。この素朴な感じがそれを証明しています」

 

男性はこの後、歩いて公園まで行くといいます。長いこと出ていなかった陽光の射す場所へ。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://www.iyashinohaugstuhain.com/%e6%b2%b3%e5%90%88/%e3%81%93%e3%81%ae%e5%be%8c%e3%80%81%e6%ad%a9%e3%81%84%e3%81%a6%e5%85%ac%e5%9c%92%e3%81%be%e3%81%a7/trackback/