ウィスキーのお客様

ウィスキーを注文されて、お昼頃から一人で飲んでいたお客様がいらっしゃいました。

夕方ころになって、ボトルを半分以上飲んだ後、席を立たれると、お代を払って、お店を後にされました。

お年は四十代くらいでしょうか、普通あれだけ度数の高いアルコールを摂取すれば、ふらついたりするのに、そんなそぶりも見せず。

無精ひげをはやしていて、俳優さんの様でした。どういった方なのだろうとちょっと気になってしまいます。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://www.iyashinohaugstuhain.com/%e6%b2%b3%e5%90%88/%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%81%8a%e5%ae%a2%e6%a7%98/trackback/