作家が異性を描くことに対して思うこと

小説を読んでいるとき、女性作家なのに男性を主人公にして物語を描いてすごいなと思うことがあります。

でも男性スタッフに、「そんな男はいないよ」と言われました。

男性が読むと、違和感があるらしいのです。

確かに、男性が主人公の物語で、あまりにもその主人公に都合のよい行動をとる女性がときどきいます。物語のつくりとしては、やや強引にも思えます。

けれども、そんな都合のいい女性にも、私はときに共感を持つことがあります。

それはその女性が自分に似ているからなどということではなく、理由はどうであれ、「物語そのものが良い方向に向かってほしい」と私が内心、思っているからです。

誰かの考えるストーリーに完全に乗っかってしまうのはよくありません。でも、それを全て拒否していたら、一生、人はつながり合えないような気がします。

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://www.iyashinohaugstuhain.com/%e6%b2%b3%e5%90%88/%e4%bd%9c%e5%ae%b6%e3%81%8c%e7%95%b0%e6%80%a7%e3%82%92%e6%8f%8f%e3%81%8f%e3%81%93%e3%81%a8%e3%81%ab%e5%af%be%e3%81%97%e3%81%a6%e6%80%9d%e3%81%86%e3%81%93%e3%81%a8/trackback/