友人の演劇

大学の友人が演劇をやっていて、その公演を見に行きました。

劇場はこじんまりとしており、観客席も40人程が座れるくらい。舞台との距離もとても近く感じました。

いくつかのチームに分かれて、与えられた時間内にオリジナルの劇を公演するという形式。友人のチームは、ヘンデルとグレーテルの現代版という設定でした。あまり出演の機会はなく、少しだけセリフを与えられてそれ以外は裏方で作業をしていたそうです。

知り合いがやる舞台を見るのはこれが初めてでしたが、ちょっと、やる気が湧いてきました。何かをつくると、誰かの心に変化を与えることが出来るのかもしれません。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://www.iyashinohaugstuhain.com/%e6%b2%b3%e5%90%88/%e5%8f%8b%e4%ba%ba%e3%81%ae%e6%bc%94%e5%8a%87/trackback/