関わりあうことが、

被害者になって、初めて傷つけた人の気持ちが分かるときがあります。

浅いうちにそれに気づくことができればまだ救いはあるかもしれません。でも気づかないまま、蓄積されていったそのタンクが限界をこえた時、どうなるのかを考えようとしましたが、怖くて出来ませんでした。

関わりたくないし、自分が傷つく側にもなりたくありません。

私が普通にしていることで誰かを傷つけてしまっていたとしたら、どう生活していくべきなのでしょうか。ほんとうに、分かりません。

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://www.iyashinohaugstuhain.com/%e6%b2%b3%e5%90%88/%e9%96%a2%e3%82%8f%e3%82%8a%e3%81%82%e3%81%86%e3%81%93%e3%81%a8%e3%81%8c%e3%80%81/trackback/