ライバルを想えば

なにもなかったように、以前のように振る舞う。

心ではおかしいと感じている。でも体は目の前のことにスイッチを合わせなければならない。まだ慣れない。だけど、彼女はきっと今もあの日と同じように、かっこいい毎日を送っている。

彼女は私のライバル。彼女を想えば、どんなことでもやってやると思える。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://www.iyashinohaugstuhain.com/%e6%b2%b3%e5%90%88/1448/trackback/