おはし君

昨日、『なわとびちゃん』をご紹介しましたが、今日は、娘がお箸をつかえるようになってほしいとの思いから、『おはし君』というキャラクターを考えました。

おはし君と協力しあってご飯をお口に運ぶ練習をします。絵本を読む年齢とお箸を使うようになる年齢には少しずれがありますが、ちょっと早めの訓練ということで。

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://www.iyashinohaugstuhain.com/%e6%b7%b1%e7%94%b0/326/trackback/