初めて出会う同学年

新人の女性スッタフが来てから、お店の雰囲気が明らかに変わりました。

手数が足りるようになったというのもありますが、それ以上に、彼女の人的魅力によって店内に明かりが灯されたという感じです。

小さいころに何度もこのお店に来ているということで、実は私よりたくさん知っているのかもしれません。お店のメニューや接客、何がどこにあるかなど、一から教える必用がなかったことも彼女がすぐに打ち解けた要因であるとは思います。

ただそれ以上に、彼女の『スマートさ』、それこそが、彼女を容易に順応させた一番の理由だと思いました。

驚いたことに、彼女は私と同学年でした。てっきり、その洗練されたたたずまいから私より年上だと思っていました。

今までの私の周囲にはいないタイプでした。髪は染めずに黒く艶やか。実際に背は高めなのですが、仕事時に後ろで髪を束ねているので、すらっとして見えます。その姿は女性の私が憧れてしまうほど、美しいのです。

受け答えもはきはきとしており、理路明晰というか、初めてこういう同学年に出会いました。私は人見知りをするので、まだちょっとした話ができていません。でも、また次の日、彼女に会えると思うと、とてもわくわくします。