幽霊へのおもてなし

最近、見える様になってきたんだよね。ボックス席の方を指さして、井上先輩が続けます。「帽子かぶってた女の人と、紫色の髪の毛のおばさん二人で入って来ただろ。あれ、実質、4人だからね」

厨房にオーダーが入ります。

「オーダー、フレンチコースA 四人前です」

 

これは、現実か。そう思いました。リアル四谷怪談です。

もう一つのハーグストゥーヘンに出向している後輩の清水から似た様な話をコメディタッチで聞かされたことはありましたが、今回は、現実感がありすぎで、さすがにゾっとしました。井上先輩曰く、赤ちょうちんカウンターにもすでに何名か幽霊が陣取っていてお酒をあびるように飲んでいるといいます。

 

見えない幽霊をおもてなすにはどうしたらいいのでしょう。幽霊初心者の私には分からないことがいっぱいです。